電話占い口コミランキング

電話占いの総合キュレーションサイト

twitter facebook instagram

電話占いピュアリ体験レビュー~純羽(スミハ)先生に鑑定してもらいました!~

2019年11月12日

電話占い体験レポート│77 view 

2019年11月12日


こんにちは!!

電話占いStyle編集部かもめのです٩( ‘ω’ )و

電話占いStyleの調査に協力していただいている「アイコさん」に今回も鑑定をお願いいたしました。

アイコさんは「復縁」でお悩みです。
相談者:アイコさん

アイコさんよろしくお願いします!

 

今回の電話占い体験レビューは電話占いピュアリです!

電話占いピュアリでは現在、総額8,000円分以上のポイントを貰えるサービスをしているみたいです!
(2019年11月時点)
お得に鑑定がたくさん楽しめますね♪
 

鑑定をしていただいたのは純羽(スミハ)先生です!


純羽先生は霊感・霊視などを利用した鑑定が得意で、
なかでも、口寄せによる相手の魂を呼んで三者面談ができる珍しい先生です。
相手の気持ちを知りたいけれど、相手の言葉で語って欲しいという方にオススメの先生です。

続きまして、電話占いピュアリに寄せられた口コミをチェックしていきましょう!

口コミ総件数585件中581件が★5評価(残りの4件も★4評価)と、
高評価の純羽先生。
その内容も確認すると、多くの方が口寄せの三者面談をされていて、
鑑定結果に大満足されていらっしゃいます。
他の先生では体験できない占いをご希望の方はいかがでしょうか?

では、さっそく鑑定してもらいましょうー!!

※電話占いピュアリへの会員登録方法および、占い師への予約方法は別ページにてチェックしてください※

 

純羽先生に相談開始

「もしもし。」

相談者:アイコさん 「もしもし。初めまして。よろしくお願いします。」

「はい。純羽(スミハ)と申します。よろしくお願いいたします。」

相談者:アイコさん 「お願いします」

「それでは、お客様のお名前から教えてもらっていいですか?」

相談者:アイコさん 「はい、アイコと申します。」

「はいアイコ様ですね。はいありがとうございます。本日はどのようなご相談でしょうか?」

相談者:アイコさん 「そうですね。半年前にお付き合いしていた彼と別れまして。復縁できたらいいなと思っているので。そのあたりのことを見ていただきたくて、ご連絡しました。」

「はい、分かりました。そしたら、私のやり方は、お相手さんの魂をおろして、そこで私を含めて3人でいろんなことで追求していきながらやっていきたいと思います。お相手さんの魂を特定したいので、彼のお名前と生年月日を教えてもらっていいですか?」

相談者:アイコさん 「生年月日が19XX年XX月XX日。」

「19XX年XX月XX日。」

相談者:アイコさん 「お名前が△△です。」

「△△様ね。はい分かりました。じゃあ今から彼の魂をおろしてきますので。お待ち下さいね。」

相談者:アイコさん 「はい。」

 

彼の魂と三者面談開始!アイコさんへの彼の気持ちを確認

※純羽先生の会話は相手の魂を呼んで三者面談形式で行われます。
文章をわかりやすくするため、彼のセリフは色付きで表示しております。※

「すみません。ちょっと彼女が来てて。19XX年XX月XX日△△さん。うん。アイコさんが持ちです。すぐにでも。特定できた?呼んできて。△△さん、△△さんよね。ちょっとこっち来て。こっち、こっち……。で、あのとこを見て。今ねアイコさんからお電話が入っているの。ちょっと半年前に別れちゃった。そのことで。聞きたいことがいっぱいあるんやん。あーそう、ちゃうちゃう。待って、待って……。ちょっとここ座って。あんたの性格見ていくからここ開けて。うん、おー、彼すごい。自分の世界を持っとる人やなぁ。意外と繊細、短気、おせっかい、自分に自信がある。△△さん、心開いてくれた?開いてくれたな。あー不安定か。OK。待ってな。もういい?ちょっとさぁ、お話ししていきたいんよ。あのさぁ今…。ごめんな、私の質問からやな。今、彼女のことをどう思っている?今。『まぁそりゃあ、今…』じゃあ今まで。『あー、そりゃあ、好きでしたよ。』他は?『何これ?』いやあ、もう怒らんと。あなたがさぁ、いろんなことを、ほら、今みたく言えてないでしょう。彼女納得できていないんよ。人としてさ、きっちりちょっとやっぱりやっていかなあかんと思うよ。ほいで?ちょっと開いてくれる?心。で質問しても答えてくれる?いい?うん、よっしゃ。で。アイコさん、なんか質問、何でもいいから聞きたいことがあったらどうぞ。」

相談者:アイコさん 「そうですね。「今どう思っている?」「どうしてる?」っていうのを聞きたいです。元気でやってるのかとか、お仕事とか大丈夫かなぁ?とか。」

『元気は元気。仕事は、うん、なんとか。』

相談者:アイコさん 「なんとか。」

「△△さん、単語?『単語?』いや、もうちょっとなんか会話をしようよ。そんなぶっきらぼうにしゃべらんだって。何か怒ってるの?『いや。』あんたチョロチョロしとるで、今日。『あー、はい。』うん、それじゃあ何でもええよ。もっと聞きたいことあったらどうぞ。」

相談者:アイコさん 「え?今日、機嫌悪いんですか?彼は(笑)彼は機嫌悪いんですか?」

「機嫌が?」

相談者:アイコさん 「はい。」

「うん。今ね、私のこと誰って言うたし。なんか緊張してんのかな?よう分かんないけど突っかかってくるのかなーっていう感覚はある、私は。」

相談者:アイコさん 「そうなんですか?」

「うん。」

相談者:アイコさん 「え?なんでやろ?すごい人と話すの好きな人なんですけど、そうなんや。どうしよう、何を聞いたらいいのかな?今どう思っている?って聞きたいです、怖いけど。」

「今、アイコさんのことをどう思ってるか?ってこと?」

相談者:アイコさん 「はい。」

「ほら△△さん。『いや、』何?はっきり言っちゃおう、もっとね。恥ずかしくない。3人だけしか聞いてない。『うん、そりゃあ、まぁ好きですよ。』アイコさん。」

相談者:アイコさん 「はい。」

「うん。好きですよって。」

相談者:アイコさん 「そうなんですか。ひとつ、謝っていないことがあって。私の年齢のこととかもあって「結婚とか出産とかそういうのを考える人じゃないと一緒にお付き合いできません」って言ってお付き合いが始まったんですけど、彼は年齢的にもまだそんなん考えることができなかったんです。他にも、私に大きな子供がいることを最初から受け入れるのも難しいのに自分なりに葛藤してくれたり……「難しいかな」って言いながらも考えてくれて。だけど、そこまで大切にしてもらっていたのに、私は「この人大丈夫かなー?」ってそのことばっかり思って、一緒にいる時間を楽しめなかったんです。一緒にいる時間を幸せに思うはずやったのに、それができなかったというか。フォーカスするところを間違えて「一緒にいても楽しくないんかなー」「辛い思いをさせてるんじゃないのかな」って思わせてしまったことをごめんなさいって、今言いたいんです。」

 

彼はアイコさんに対して強がっていた。そして逃げてしまった……

「ねえ、△△さん。『いや。それは謝らなくていいし、謝ることじゃない。』なら△△さん。違うんやったらええから。うん、落ち着いてきた?なら言って。『自信がなくて、』ね、△△さん。『はい。強がって、かっこつけたいし。』

相談者:アイコさん 「全部分かってたから、大丈夫なんですけどね。」

「うん。全部分かってたから大丈夫って言ってるよ。『うん。じゃあ一つ、どうしていつもそんなに優しいの?』……って聞いてます。」

相談者:アイコさん 「いや、どうなんやろう?別に△△くんに関してだけ優しいわけじゃないけど。普通やけど、私は。」

『そう思ってるんだ。僕の周りにいる人は自分本位な人が多くて……。でもアイコさんは違ったから、その優しさにいつも甘えてしまって、勝手なことをしたし。好きだけど、背負う覚悟ができなかった。』

相談者:アイコさん 「でも今思っているのは、「将来の約束」とか「結婚する」とか「子どもを授かりたい」とか、もちろんそれは思っていたけれども、やっぱり二人で一緒にいるその時が一番大切やったなぁって。二人で一緒にいて、思い合えて、愛し合えて。いっぱい笑って、もしこの先また一緒にいられる時が来たら、そういうふうにして一緒にいたいなぁって。それでその先に何か見えてきたら、結婚したりとか新しい道があるんやろうし。だから付き合っていた時みたいに、結婚とか出産とか、そこをゴールにするんじゃなくて。もしまた一緒にいられたら、ただ一緒に笑っていたいなぁって思っています。って言ってもらっていいですか?」

「△△さん、聞こえたでしょう?『あーはい。うん。ありがとうっていうのと。意気地がなかったっていうのがあって。男として、人として、これから将来幸せになれるのは分かってた。』

相談者:アイコさん 「え?」

『うん。』△△さん、いいよ。いや、全然続けて言っていいよ。幸せになれるのは分かっていたんでしょう?ほんだら?『けど、やっぱり不安が消えなかった。ただ楽しいだけでは、無責任かなーとか。』

相談者:アイコさん 「はい。そうですね、責任感が強いから。」

『ちょっと考えてしまった。』

相談者:アイコさん 「でも、例えば結婚するってなったら、それって一人で作っていくもんじゃなく、二人で一緒に作っていくもんやん。周りのサポートとかそういうのも得ながら、みんなで作っていくもんじゃないかなって思う。彼は「自分が全部に責任を負わなきゃいけない」って考えたからしんどかったのかなーって思います。」

「ね、△△さん。『えー。』いや、でも実際そうやん。男やからとか、そんなん考える必要ないと思うし。アイコさんのおっしゃる通りに、やっぱり二人で築き上げていくのが幸せやし。一人だけが楽しかっても意味ないじゃんか。二人が「あー楽しいね」って、美味しいものを食べて「あー美味しいね」って思えることも、ささやかやけど二人の幸せやん。そういうことをたくさんたくさん積み上げていったら、あなたのその自信がないっていうのはなくなると思うんよ。たぶん責任感が強いんやろうな。こうしないといけないとか。そういうのはなんかね、あったん?『やっぱり、僕のほうが年下で。しっかりしないといけないっていうのは、やっぱりありました。』

相談者:アイコさん 「なるほど。私にとってはしっかりしているし、ビックリするくらい充分というか、一緒にいて何を話したらいいのか分からないくらい、私にとってはカッコよく映っているから。それ以上何を求めてる…どうカッコつけようと思っていたのかが、分からないです。」

「うん。△△さん。『いや正直、すごく背伸びしていました。なんでも知っておかないとダメとか。男としてこうあるべきっていう自分で決めたルールを作っていて。何て言ったらいいのかなぁ。』△△さん、あのね、ここは何でも言うていい場所やねん。そんな緊張しなくていいし、思っていること全部逆に言って。それを聞きにアイコさんは来てくれてるわけだから。何でもいいのよ。本当のことが知りたいの。『正直、二人でならうまくやっていけると思ってた。でも子どものこととか話が出るたびに、きついというか、実感がなくて不安で』△△さん。『自分の自信のなさでこういう結果にしてしまって、とりあえず「ごめんなさい」と言いたいです。遊びじゃない分、自分の中で重くのしかかってきた部分があって……逃げました。』

相談者:アイコさん 「はい(笑)」

「他は?△△さん。『難しいよなぁ。なんだろう?だって嫌いじゃないからさぁ。』じゃあなんで別れたん?『えーなんか。』そこやん。じゃあなんで別れたん?っていうところを、まず答えて。『このままでは、お互いがダメになると思ったから。』

相談者:アイコさん 「そうですね。確かにその時って私もものすごい不安定になったし、もうあかんなって何回も思ったし。だからその時に「距離を置きたい」って言われました。けど私が距離をおくってすごい曖昧やから、もういっそのこと1回お別れしたほうがいいと思って、別れようってなったんですよね。けどそれで一回リセットしてしまってから、私もすごい自分で省みるところがあったりとか……改めて、それでもやっぱり一緒にいたいなぁというのを思えたり、彼のことを改めて見ることができたから、その選択は決して間違ってはいなかったと思っているんです。やっぱり今でも大好きで、だからもし可能であるのならまた一緒になりたい。今度は結婚とかそういうことが話に出てきたとしても、そんな最初から深刻に考えるんじゃなくて、二人で作っていってもっと明るく気軽に捉えてもいいんじゃないかなっていうふうに思っています。私自身も以前はめちゃくちゃ深刻に捉えていけど、今は決して深刻なだけじゃないと思えてます。」

「△△さん。『確かに、いっぱいいっぱいになってしまっていて、仕事もうまくいかなくてイライラもしてたし、自分が自分でないような感情も出てきたりしてて、確かにすごく深刻に考え過ぎていたと思う。でもゼロか100の人間だからその曖昧さってのができなくて。でも別れてほしいと思って言ったんじゃなくて……もういっぱいいっぱいで、少し考えるのを放棄したかった。だから今思えば、あー逃げていたんだなって自分で思う。』

相談者:アイコさん 「うん、分かります。仕事大変やし、いっぱい考えることがあるし。一つお答えしていただきたいんですけれども、私が△△くんと別れた後も、私の子供が△△くんのラジオを実はずっと聴いていて、今でも楽しみにして聴いているっていうのを伝えてもらってもいいですか?」

 

一人前になってからなんて遅い!今のあなたで十分魅力的

「そうやって、△△さん。お子さん、あなたのラジオを聴いているって。『あー嬉しいな。』△△さんどうしたん?『泣きそう。』△△さん、もう泣くんやったら泣き。泣いたほうがスッとするって。どうした?あんた、今日はえらい喜怒哀楽というものを全部見せてくれたね(笑)めっちゃ面白いやん。そうやってやっていったらええん違う?だってホンマ、あんたクソがつくほど真面目やん。だからいっぱいいっぱいになったんでしょう。『確かに。何でもちゃんとしないといけないっていうのがずっと頭にあって。で、ちょっと苦しかったかな。』△△さん、他は?別れたつもりで言うたわけじゃないのは私も分かる。でもさぁ、こんな状態になってしもたんやから、頑張って復縁しようよ。『うん。』ちょっと落ち着いたやろ、半年前やったら。『うん。うん。』うん、だけじゃ分からへんよ。今後どうしていきたい?あんたの希望でもなんでもええから全部伝えたら?そしたらまた道も見えてくるよ。『えー。』何でもいいやん。ここでしか言えないことってのを、みんな言ってるよ。大丈夫。」

『もっともっと仕事を頑張って、無理にするのではなく、普通な状態でやりたいし。頭がおかしくなるほど悩んだ。正直、ショック。』何が?え?泣きそうになって、分からへん。△△さんが距離を置きたい言うて、その後にアイコさんが、じゃあ別れましょうって言うたから、ショックやったってことなん?『うん。』でもさぁ、アイコさんはあなたのことをよく見ているから「あなたがいっぱいいっぱいやったんやな」ってのも分かったから、そのほうがいいかなと思ってやったことやで。だからそれはちょっと勘違いや。△△さん、アイコさんはあなたのことをもう分かっているからな。もうそれやったらちょっと、一旦区切りをつけたほうが△△さんも楽になるかなと思って、別れましょうか?っていうふうな言葉になっただけやで。そうよね?アイコさん。」

相談者:アイコさん 「そうですね。はい。」

「ほら。『あー。うん。』ねえ△△さん、男ってどうすんねん、あんたもうこんな状態で。これからやん。『これから?まず仕事に自信をつけて。』そんで?『もっと自分自身、誇れるような人になって、カッコつけるのじゃなく、本物になって。それから考えたいと思っています。』ん?△△さん。本物になってっていうけどさぁ、もうあんたは別にそんなんさ、カッコつけるのもあなたやし。人間ってみんなそうやん、完璧な人はいないハズだから。そりゃあいろんな自分というのを演じていると思うよ、どの職業においても、誰だって。ただそれを全部見て、アイコさんはあなたのことを愛したわけよ。それに嘘偽りないわけだから。愛されてるわけやん。だから何を自信つける必要があるの。仕事かってそうやん。急に自信なんかつかへんよ。積み重なっていって、やっと、あーここまで登ってきたなぁって、みんなそんな感じよ。『はい。』だから、参考になるとか、そりゃあアイコさんの前ではカッコつけたい、っていうのは分かるよ。さっきあんたが言ったみたいに、あんたが年下ならなおさらやわな。もっと立派になりたいとかアイコさんに似合う男になりたいって、思うのは分かる。けどそれで別れるということはないやん。立派になってから戻ってくるって、もう、じゃあどんだけ時間かかんねんって話やんか。」

相談者:アイコさん 「確かに(笑)」

「ねぇ。『そうですよね?』うん。なんでこんな話、あんた誰にも教えてもらったことないの?『はい。ここまでズバリいう人は、周りにいなかったので。』そう、ごめんね。『いえ、はい。』まじか。でもそうや思うねん。自信つけるまでって言ったら、あんた生きてる間に自信つくか?『え?』いや、みんな人間そうやねん。だって、実際そうやん。お金持ちでもそうやねん。お金持ちになりたいと目標を持つやんか。じゃあどれくらいがお金持ちですか?って言ったら、じゃあ銀行口座に1000万円あれば金持ちやって思うとするやん。ほな1000万円貯めても、いやまだ金持ちじゃないって言うんよ。だから、どんどんどんどん上に上に目標を置くから、自信を持ったらとかここまで出来る男になったらっていうけど、なったらなったでまた違う不安が出てくるんよ。だからキリがないねん。だから今のあなたが最高ってアイコさんが認めてんねんから、それが事実やねんから。別にこれ以上自信をつける必要もないやん。『はい。そうなんです?』そうよね、アイコさん。」

相談者:アイコさん 「そうですね。今で充分やったし、カッコイイと思っている。だから、一緒に仕事していたから分かるけど。仕事に自信ついてる人って、ベテランでもたぶんいないと思う。それはずっと私もそうやし。私も自信なんか何もないけど、でも自分にできることをして、今仕事をしていっているから、そういった意味でもやっぱりそこは二人でサポートし合って作っていきたいなぁ。……っていうふうには考えられへんのかな?難しいのかな?私はそんな仕事に自信ついて「自分自身本物になる」っていう△△さんを求めているわけではないんよね。」

「分かるか?『ありがたいし、分かります。』いや、分かるんやったら、なんで意地張ってんねん。『やっぱりもっとしっかりしないと、と思って。』△△さんの気持ちは分かるよ。けど、△△さん、どうすんの?『え?』え?じゃない。『うん。はい。いやーなんだろうなぁ。』どうしたいん?『なんだろう。別れてからもっと不安になって。今どうして行けばいいのか、まったく道が見えてこないんです。』

相談者:アイコさん 「そうだと思いました。」

「あ、ごめん。アイコさん何かある?」

相談者:アイコさん 「いや、そうだと思いました。彼が仕事を始めてすぐくらいで、前の職場がちょっとあかんくって、うちの職場に来て、それからずっと一緒に仕事をしてて。だから結局、一緒にいなかったのって初めてなんですよね、それから。だから大丈夫かな?って、今思っていて。」

 

一人で仕事は大丈夫?アイコさんの心配

「自分から言った手前、なんともできないんだって、今。」

相談者:アイコさん 「そうですね。でも私も、「これからも仕事とかで一緒に会いたいって、ご飯も行きたいし、一緒に仕事もしていきたいし」っていうことを言われた時に、でも1回リセットするほうが良いと思ってそうした手前、会ってしまうとどうしても手を握りたく思ったりするからって伝えましたね。そういう「手を握りたい」とかっていうのは、お互いが求め合ってのことやから。だから二人が求め合わない限りそれはできひんって。けどまぁ「二人が求め合うってことは、もう1回何かが動き出すってことだから、それはそれでいいのかね」っていうメールを貰ったから、私としても「できない」って言われてしまった手前、私は拒否されてしまうんかなーって思ってしまうところがあって。」

「これ、△△さんが言ったの?この仕事で会ってご飯に行きたいって。」

相談者:アイコさん 「そうです、そうです。」

「仕事でも会えるし、ご飯に行きたいなって言ったのは、これは△△さんよね。」

相談者:アイコさん 「そうですね。でも仕事っていっても今は別々の仕事をしているから「単発で二人で一緒に仕事をしていきたいし」っていう感じで、職場で会っているとか、そんなんでは全然ないんです。けれども、そういう恋愛関係は終わってしまったけど、一緒に何かを作り上げたいっていうもうひとつの大事なものは求め合えているわけだから、「そのためにはご飯に行ったりとか一緒に行動できると嬉しい」っていう言葉を貰ったけど、私としては「恋愛と仕事っていうのを分けて考えることがもうできないから、ちょっと難しいよね」っていう話はしたんですけど。」

「あー(笑)だから△△さんがフラれてると思ってるねんね、今。」

相談者:アイコさん 「え?」

「△△さんが頑張って、いわば今後もこれから仕事でも関わって、一緒に会いたいっていうことを、言ったわけじゃん。」

相談者:アイコさん 「はい。」

「けどその時は、アイコさんは、いやでもそれは分けて考えられないから難しいよね。って言ったんよね。」

相談者:アイコさん 「そうですね。言ったんですけど、その後に自分でもいろいろと向き合って。あぁでももう大丈夫かな、っていうのは言ったんですけど。一応言いましたけど。」

「よっしゃ、△△さん。これ意味分かる?『え?』あんた今はフラれてると思ってるやんか。『はい。』けど確かにこの段階ではフラれてるって考えてもええけど。でもあれから、いわばアイコさんが「もうそろそろ自分と向き合って大丈夫かなぁ」ともあなたに伝えているやん。ってことはここでOKやっていうことやねん。いや、だからOKということを、あなたに言ってんねん。『ああ。』だからその返事待ちや、極端に言えば。『え?』いや。だから、あなたがフラれていると思っているよね?今。『はい。うん。いや、まぁいわば。』要はあれやろ、△△さんが言い出しっぺではあるけれども、アイコさんが乗ってきたもんやから「やっぱり自分ではあかんかったんや」と思って、あんたショックやったんやろ?それから頑張って、あんたも「じゃあ仕事では会って行きたいなー」ってふうに言ったけど「難しいよね」って言われたから、「あ、さらにダメや」と思ったんやろ?

でもその後やん、後。「もう大丈夫かな」ってアイコさんはそういうふうに言ったから次あなたやん。△△さんが次動くような感じ。『あ、そういう意味だったんですか。』そう。『あー、難し過ぎますよ。』でも、今日、今、分かったやんな。じゃあもういっぺんちょっとやり直しなよ。『うーん、はい。』ほな、△△さんからもういっぺんメール送れるか?だからご飯でも誘ったらええやん。ご飯、ご飯。『うん、はい。今ちょっと忙しいから、今の仕事が段取り着いたら、じゃあまた連絡します。』言うたで。『ああ、言いました。』うん、聞いたで。『うん、はい。』絶対やで。『はい。』約束やで。『はい。』大丈夫なんかな、それで。他にアイコさん、なんか疑問とか、ぶつけたいこととかありません?何でもいいですよ。」

相談者:アイコさん 「そうですね。一つすごい不思議なのが、なんで私を選んでくれたんかな?って。それがすごい不思議で、それだけ一つ聞きたいです。」

 

「なんで私を選んだの?」ポエミーな彼の回答が!

「△△さん、なんで?って。『やっぱり恥ずかしいけど、』何?『光ってた。』え?輝いていってこと?『そうそう。』他は?『あと、なんだろう。うまく言えないけど。空気がすごく良くて、ふわっと包んでくれる。ふわっとした流れがあって、そこにキラキラするものを感じて。』△△さん芸術的に言わんでええから、普通に言って(笑)どう聞いてもこれは芸術的やろ。『じゃあ。恥ずかしい。』いいやん、もう言い。『もろタイプでした。』どういうところが?いや、これではあかん、あかん。どういうところが?私は引かへんぞ。『ほんまに突っ込んできますね。』うん、突っ込む。『えー、どういうところが?やっぱり、なんだろう?人より綺麗だし。』ほんで?もう別に何でも言って。『で、あと明るいし。で、謎めいた人。』はい?(笑)『で、すごくそれが魅力で。』え?あ、魅力に感じて?『魅力に感じて。あとは、なんだろう?すごく仕事的にも、人の上に立って指導力ある人やなぁと思ったし。仕事では前向きだし。』仕事でばっかりやん。『で、あと、何だろう?バリバリ。』バリバリ?『何て言ったらいいの?競争心…向上心がある。』向上心な。『うん。で、すごく自立しているところが、ものすごく惹かれました。』

相談者:アイコさん 「なるほど。でも私全然、自立そんなにしてないし。仕事では頑張ってたけど、それはお金を稼ぐ・お給料を貰うから頑張ってただけで、家に帰ったらダラダラしているし……だから、私に釣り合うように頑張ろうって思ってもらえる感じでもないのにね。だから△△さんも全然普通でいてくれたほうが私は、というか、今のまんまでいてくれればそれで充分なんですと、お伝えください。」

「やって。『はい。』△△さん、ハイだけか?『うん。でもなんかイメージが。』イメージ?『いや、家に帰ってダラダラしているとか、イメージがない。』みんなそうやん。100%の力を起きている時間全部は出せないよ、人間だから。どっか手を抜かないと無理だし。だから一生懸命にあんたがカッコつけなくてもそういう人間味があるからいいよってこと。年下やからってさぁ、頑張ってこうしようああしようっていうふうに思ってくれるのは、そりゃあ嬉しいことやけれども、自分で自分の足元をすくうようなことをしたらあかんやん。あなたのことが全ていいわけなんだから。だからもう別にカッコつけずに、連絡しなよ。『あーはい。最後それ?』そう、最後それ。『じゃあ、まぁでも、だからまぁ落ち着いたら、連絡します。』落ち着かんでも連絡くらいできるやろ。『え?』そんな気張ってすることか?だから誤解は解けたやん。自分と向き合って大丈夫っていう、彼女のこの言葉でもう誤解は解けたはずよ。な?『はい。うん。はい。』△△さんは、じゃあ自分でアイコさんに何か言いたいことはないの?『いや、けっこう今日言いました。』これで?『はい。』もう、まじか(笑)」

相談者:アイコさん 「いや、頑張って言ってくれたと思います。」

「あ、そうなんだ(笑)」

相談者:アイコさん 「はい。」

「そんなに喋らない人なの?」

相談者:アイコさん 「いや、一人でめっちゃ喋ってるんですけど、大事なこととか本音をあんまり言ってないんやろうなって感じてました。でも今日言ってくれたことは全部本音やと思うんで。そう考えたら、めっちゃ頑張ってくれたと思います(笑)」

「よかった、めっちゃ頑張ってたなら。△△さん、明日からも頑張るんやで。『はい。』わかった?頑張るコツ。『うん、はい。』あんた、「うん」「はい」が多いなぁ。『うん、まぁすごく今日は、しゃべりにくいことも、しゃべったので。もう今日は、このへんで。』え?都合があるの?ごめんな、△△さん、急やったもんな。変なおばちゃんがおるしな、ごめんな。ほな、アイコさん、何か他に聞きたいこととかないです?」

相談者:アイコさん 「そうですね。はい、大丈夫です。」

「大丈夫?ほな、私ね、こういう鑑定が終わってから、一人一人また魂さんを呼んで説教部屋って所へ放り込むのよ。それは何かいうたら、今△△さんの魂って心の奥底の部分やから、大体こういうカッコつけたがりみたいな人っていうのは、心の中はこうであっても、本人の口、いわば意識してしゃべることっていうのは真逆のことを言ったりもするから。」

相談者:アイコさん 「そうですね、はい。」

「だから魂と意識さんを一緒にしようねっていうことで、ちょっと説教部屋って所に放り込んで。ほんで、今日あんたこうやって約束したから、ちゃんとやってくださいね、っていうことをもういっぺん言って、彼の意識、いわば脳のほうまで届く、タマリンコっていうボールの中にメッセージを入れて、今日飛ばしておきますんで。」

相談者:アイコさん 「ありがとうございます。」

「で、早かったらすぐ動いてくれはんねんけど、遅いかもしれへんし。今日なにぶん初めてなんで、ちょっと様子伺って、ちょっと今後もやっていきましょう。」

相談者:アイコさん 「はい、分かりました。」

「ほな、もう大丈夫ですか?」

相談者:アイコさん 「はい大丈夫です。ありがとうございました。」

「OK?」

相談者:アイコさん 「はい。」

「ほんじゃあやっておきますので。」

相談者:アイコさん 「はい、よろしくお願いします。」

「うん、はい、それじゃあもう、ありがとうございました。」

相談者:アイコさん 「はい、ありがとうございました。失礼いたします。」

「はい、失礼いたします。」

 

純羽先生の鑑定を検証しよう!

では、アイコさんと電話占いStyle編集部かもめのと一緒に相談内容とそれに対する純羽先生の鑑定内容を振り返ってポイントをみてみましょう!

彼は今アイコさんのことをどう思っている?

Answer 『うん、そりゃあ、まぁ好きですよ。』

「ほら△△さん。『いや、』何?はっきり言っちゃおう、もっとね。恥ずかしくない。3人だけしか聞いてない。『うん、そりゃあ、まぁ好きですよ。』アイコさん。」

「△△さん、聞こえたでしょう?『あーはい。うん。ありがとうっていうのと。意気地がなかったっていうのがあって。男として、人として、これから将来幸せになれるのは分かってた。』

今でも好きとハッキリ答えて頂きました(笑) 嫌われているどころか、まだ彼の気持ちはアイコさんにあるとのことで、アイコさんが希望する「復縁」の道は明るいですね。その後、彼は「自分に自信がない」「一人前になってから迎えに行きたい」などと言っていましたが、それに対して純羽先生から「それはいつになるの!」と喝が。アイコさんも「今のあなたが好き」と伝え、すれ違っていた二人の心がもとに戻ったように思えます。アイコさん、良かったですね!

次のチェックポイントはこちら↓

何故アイコさんを選んだ?

Answer 『キラキラしてふわっとしていた』

「△△さん、なんで?って。『やっぱり恥ずかしいけど、』何?『光ってた。』え?輝いていってこと?『そうそう。』他は?『あと、なんだろう。うまく言えないけど。空気がすごく良くて、ふわっと包んでくれる。ふわっとした流れがあって、そこにキラキラするものを感じて。』△△さん芸術的に言わんでええから、普通に言って(笑)どう聞いてもこれは芸術的やろ。『じゃあ。恥ずかしい。』いいやん、もう言い。『もろタイプでした。』どういうところが?いや、これではあかん、あかん。どういうところが?私は引かへんぞ。『ほんまに突っ込んできますね。』うん、突っ込む。『えー、どういうところが?やっぱり、なんだろう?人より綺麗だし。』ほんで?もう別に何でも言って。『で、あと明るいし。で、謎めいた人。』はい?(笑)『で、すごくそれが魅力で。』え?あ、魅力に感じて?『魅力に感じて。あとは、なんだろう?すごく仕事的にも、人の上に立って指導力ある人やなぁと思ったし。仕事では前向きだし。』仕事でばっかりやん。『で、あと、何だろう?バリバリ。』バリバリ?『何て言ったらいいの?競争心…向上心がある。』向上心な。『うん。で、すごく自立しているところが、ものすごく惹かれました。』

まさか、復縁相談の鑑定中にこんなに惚気けられるとは思ってませんでした(笑)かなり詩的な返答で先生も思わず「芸術的」とツッコミが入ったほど。この回答はさすがにアイコさんも照れ気味。復縁までは早そうですね!

それでは最後に鑑定時間と鑑定料金について紹介します。

最後に鑑定時間と鑑定料金は??

それでは最後に純羽(スミハ)先生の鑑定時間と鑑定料金について紹介します!

鑑定終了後にピュアリで登録したメールアドレスに支払い明細が送られてきます。
そのメールがこちらです。

今回の鑑定にかかった料金は19,950円

鑑定時間は、聖心先生は1分350円の鑑定料金なので
19,950円 ÷ 350円(1分あたりの鑑定料金) で 57分

今回の鑑定にかかった時間は57分でした。

“恋愛相談においては相手の魂を呼び出して三者面談のような形式をとるとのことで、相手の方が目の前にいるかのような臨場感でした。
そのため、話し始めはなかなか喋ってくれないなど時間内で終わらせるというコントロールが効きにくい点があるかもしれません。
短い時間で終わらせたいという方には不向きです。
相手の方のセリフは当然先生が話すのですが、彼そのものが喋っていると思うところが多々あり鳥肌が立ち、ゾッとするほどでした。
相手の気持ちを霊視する先生は多くいらっしゃいますが、本当に三者面談そのもので、2人だとこじれてしまう話も先生が間に入ってくださることでスムーズにいくというのが利点ではないでしょうか。
先生独特の鑑定方法ですので人気が集まるのも頷けますし、これだけの労力を使うと多くの人数を鑑定できないのも納得です。”

以上が、アイコさんが純羽先生の鑑定を受けて感じた感想です。
実際に体験して感じたことなので、みなさんが電話占いを選ぶときの一つの判断材料として
お役に立てたらなと思います♪

>>純羽先生所属の電話占いピュアリで鑑定を受けたい方はこちら

>>電話占いピュアリの口コミ・評判はこちら

>>当たる電話占い口コミランキングはこちら

体験レビュアーの評価

純羽(スミハ)先生

  満足度:5.0 ★★★★★
  的中率:4.0 ★★★★☆
アドバイス:4.0 ★★★★☆
 総合評価:4.5 ★★★★☆

アイコさん
体験レビュアー:アイコさん
   相談内容:復縁

恋愛相談においては相手の魂を呼び出して三者面談のような形式をとるとのことで、相手の方が目の前にいるかのような臨場感でした。

そのため、話し始めはなかなか喋ってくれないなど時間内で終わらせるというコントロールが効きにくい点があるかもしれません。

短い時間で終わらせたいという方には不向きです。

相手の方のセリフは当然先生が話すのですが、彼そのものが喋っていると思うところが多々あり鳥肌が立ち、ゾッとするほどでした。

相手の気持ちを霊視する先生は多くいらっしゃいますが、本当に三者面談そのもので、2人だとこじれてしまう話も先生が間に入ってくださることでスムーズにいくというのが利点ではないでしょうか。

先生独特の鑑定方法ですので人気が集まるのも頷けますし、これだけの労力を使うと多くの人数を鑑定できないのも納得です。

関連記事一覧

2019年12月5日

LINE占い体験レビュー~ルーク先生に鑑定してもらいました!~

こんにちは!! 電話占いStyle編集部かもめのです٩( ‘ω’ )و 電話占いStyleの調査に協力していただ...

電話占い体験レポート│10 view 

2019年12月5日

2019年12月4日

電話占いフィール体験レビュー~光輝(ヒカリ)先生に鑑定してもらいました!~

こんにちは!! 電話占いStyle編集部かもめのです٩( ‘ω’ )و 電話占いStyleの調査に協力していただ...

電話占い体験レポート│9 view 

2019年12月4日

2019年11月28日

電話占いウィル体験レビュー~紫川華月(シガワカゲツ)先生に鑑定してもらいました!~

こんにちは!! 電話占いStyle編集部かもめのです٩( ‘ω’ )و 電話占いStyleの調査に協力していただ...

電話占い体験レポート│30 view 

2019年11月28日

著者

アイコさん

アイコさん

電話占いStyleの調査員に加わったアイコさん。 40代のシングルマザー。 半年間付き合っていた彼氏と最近別復縁を考えている。

このライターの記事一覧

CATEGORY-カテゴリ-

電話占いスタイルコンテンツ一覧


RANKING-アクセスランキング-

週間の人気記事はこちら


SERVICE-新着記事-

電話占いスタイル新着記事一覧


2019年12月5日

LINE占い体験レビュー~ルーク先生に鑑定してもらいました!~

10 view

電話占い体験レポート│10 view 

2019年12月4日

電話占いフィール体験レビュー~光輝(ヒカリ)先生に鑑定してもらい...

9 view

電話占い体験レポート│9 view 

2019年11月28日

電話占いウィル体験レビュー~紫川華月(シガワカゲツ)先生に鑑定し...

30 view

電話占い体験レポート│30 view 

2019年11月22日

電話占いフィール体験レビュー~夏女(ナツメ)先生に鑑定してもらい...

69 view

電話占い体験レポート│69 view 

2019年11月21日

電話占いスピカ体験レビュー~エィミィ先生に鑑定してもらいました!...

48 view

電話占い体験レポート│48 view 

REPORT-電話占い体験レポート-

電話占いスタイルの体験レポート一覧


COLUMN-電話占い体験レポート-

体験レビュアー一覧


COLUMN-占い師に聞く恋愛コラム-

占い師に聞く恋愛コラム一覧


COLUMN-占い師に聞く恋愛コラム-

占い師に聞く恋愛コラム占い師一覧


SPECIAL-特別企画-

電話占いスタイル特別企画


2019年8月13日

電話占いスタイル特別企画:初めての電話占い体験レポート(モデル・...

719 view

特別企画│719 view 

2018年3月9日

電話占いスタイル特別企画:初めての電話占い体験レポート(ミスユニ...

534 view

特別企画│534 view 

SERVICE-電話占いサービス一覧-

本サイトが紹介する電話占いサービス


電話占いピュアリ

電話占いピュアリ

会員数17万人、占い師所属数233名の電話占いサービス最大手!

電話占いウィル

電話占いウィル

対面鑑定ができる占いの館があり!最大手電話占いサイト。

電話占いフィール

電話占いフィール

バラエティ番組で多くのタレントを鑑定した占い師が多く所属

電話占いウラナ

電話占いウラナ

東証一部上場企業の株式会社MTIが運営する電話占いサービス。

電話占いリノア

電話占いリノア

2017年4月より開始した実力派占い師が多数在籍する電話占いサービス

電話占いカリス

電話占いカリス

テレビで紹介された占い師をはじめ、業界屈指の実力派たちが所属。

ココナラ電話占い

ココナラ電話占い

鑑定士が1,600人以上在籍!CMで話題のココナラの電話占いサービス。

電話占いメル

電話占いメル

数多くの占いサービスを提供しているテレシスネットワークが運営。

電話占いシエロ

電話占いシエロ

電話占いシエロは会員数が150万人以上!

電話占いインスピ

電話占いインスピ

スピリチュアルな占いをメインとした電話占いサービス

電話占いマヒナ

電話占いマヒナ

テレビ番組でレギュラーを持っている先生が所属する電話占いサービス

電話占いピクシィ

電話占いピクシィ

電話占いピクシィは、恋愛に特化した電話占いサービスです。

電話占いスピカ

電話占いスピカ

さまざまな相談に対応出来る占い師が所属するサービスです。

LINEトーク占い

LINEトーク占い

LINEトーク占いは、LINEが運営をするチャット&電話占い。

電話占いマディア

電話占いマディア

電話占いマディアは、2019年に出来た新規の電話占いサービスです。

電話占いSATORI

電話占いSATORI

ブログでお馴染みのAmeba内にある電話占いサービス

エキサイト電話占い

エキサイト電話占い

エキサイト電話占いは、エキサイトが運営する老舗の電話占いです。

電話占いヴェルニ

電話占いヴェルニ

電話占いヴェルニは、創業10年以上の最大手老舗電話占いサービスです。

電話占いクォーレ

電話占いクォーレ

電話占いクォーレは、1994年創業・一律170円/分で受けられます。

電話占いリエル

電話占いリエル

電話占いリエルは、上場企業のメディア工房が運営をする電話占いです。

電話占い絆

電話占い絆

電話占い絆は、各メディアに取り上げられる人気の電話占いです。

電話占いデスティニー

電話占いデスティニー

電話占いデスティニーは、チャット占いも出来る老舗の電話占いです。

みみずくの砦

みみずくの砦

2019年に出来た新規電話占いサイト。

みん電占い

みん電占い

上場企業が運営しているので、明確な料金設定で初心者にも人気!

CATEGORY-カテゴリ-

電話占いスタイルコンテンツ一覧